どんな役割?
介護や健康、福祉、医療について 何でもご相談ください
自立して生活できるように 支援します
地域のケアマネジャーが円滑に仕事が 出来るようにお手伝いします
介護保険のことがよくわからない。制度のことを聞きたい。
 母親の介護のことが心配。どうすればいいかわからない。
 妻が認知症と診断されたけど、どう接したらいいのだろうか。
 玄関先で転倒。しばらく寝込んでいたら、足腰が弱くなってしまった。このまま寝たきりになったらどうしよう。
 最近、気力がなくて・・・。何をしても楽しくないなぁ。等
☆『どこに相談すればいいかわからない』といった悩みについて、
  まずはお気軽に地域包括支援センターにお尋ねください。

茨木市社会福祉協議会地域包括支援センター
本文へジャンプ
●要介護認定で「要支援1」または「要支援2」と認定された方は、地域包括支援センター(または、地域包括支援センターから委託された居宅介護支援事業者)が、ご本人の意欲と意向のもとに介護が必要な状態にならないように、また住み慣れた地域で自立した生活を続けていけるように支援します。
☆「要支援1」または「要支援2」の認定を受けられましたら、地域包 括支援センターにご相談を!

支援や介護が必要になるおそれの高い方で、生活機能の低下がみられた方は、茨木市が行う介護予防事業(筋力の衰えや口腔機能・栄養状態の低下等の予防)をご案内します。

●高齢者が、できる限り地域の中で自立した日常生活が送れるように支援します。

●地域包括支援センターには、一定の研修を修了した主任ケアマネジャーがおり、高齢者が暮らしやすい地域づくりのために、医療機関や行政、その他の関係機関との連携体制づくりを進めます。

●地域のケアマネジャーが抱える、虐待(身体的虐待、心理的虐待、性的虐待、経済的虐待、介護・世話の放棄・放任)などの支援困難な事例について、地域包括支援センターの各専門職が地域の関係機関との連携の下で、具体的な支援方針を検討し、助言を行ないます。
●地域包括支援センターでは、高齢者虐待の早期発見・対応に努めます。
 虐待は一人だけの責任ではありません。「介護者の心身の疲労」も原因の一つになることがあります。一人で悩まずにお気軽にご相談ください。


●お金の管理や契約などに不安があるとき、また頼れる家族がいないときなどには、成年後見制度の利用も検討しましょう。
 地域包括支援センターでは、成年後見制度に関する手続きの方法などについてご相談に応じます。

●悪質な訪問販売や詐欺商法等の消費者被害を防止するなど、さまざまな機関と連携し、力をあわせることで、高齢者のみなさんの生活を地域みんなで支えます。
みなさんの権利を守ります